コミケへの参加
楽天でのお買い物はコチラから

喜久知屋の六角瓦せんべい

喜久知屋製菓の瓦せんべいは、小麦粉、卵、砂糖というシンプルな材料でつくられています。また、喜久知屋製菓の瓦せんべいはいま六角形をしています。

六角瓦せんべいとお茶

以前は、喜久知屋製菓でも昔からの瓦煎餅のかたち「瓦屋根の形」を焼いていました。そこには、梅の花が焼印されていました。

ある日二代目が「水の結晶は全部六角形」ということを知り、その美しさに魅了されたこと、日頃から瓦せんべいの焼印に感謝のことばを記したいと考えていたことが重なって六角瓦せんべいが誕生しました。


喜久知屋製菓の瓦せんべいはとてもシンプルな材料でつくられています。

季節や気候によって、材料のコンディションが違います。

材料の機嫌を知り、おいしさを引き出す技で味が決まってしまいます。

だからこそ、水の結晶の話が心に染みました。


六角瓦せんべいの最初の一枚は、ありがとう。

定番として「ありがとう、感謝、必V勝、梅の絵、祝」があります。

ほかにも、たくさんの言葉や絵を持った六角瓦せんべいが誕生して行きました。


今では「合V格」などの縁起ものとしてのご用命や、さらには、イベントや記念の品として、お客様のさまざまな心のこもったオリジナル六角瓦せんべいが誕生しています。

 

オフィシャルWEBサイトもぜひご覧ください。

 喜久知屋の瓦せんべいはなぜ六角形をしているの?やおぎくぼ煎餅などを掲載しています。

オリジナル焼印瓦せんべいの喜久知屋 03-3398-5777

オリジナル焼印瓦せんべいの喜久知屋 03-3398-5777